米騒動記

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書の秋

<<   作成日時 : 2005/11/11 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先月実家に帰ったときに母と本屋に行き、宮部みゆきの『弧宿の人』上下巻(ハードカバー)を上巻を母、下巻を私という風に買い合った。どうせ来月また来るのだからと、それまでに読み終えてもらう約束をして下巻も実家において帰った。今回帰ってみたら、母はまだ読み終えていなかったが、どうせ長いこと実家にいるのだから、もって帰らず読んでしまおうと、5日間で母を抜かし読み終えてしまった。そりゃ仕事もせず、一日家にいれば読み終える事だって出来る。宮部みゆきは私が好きで読んでいたことから母にも広がっていったのだが、今まで一度も感想を言い合ったことは無い。今回は母がしおりを挟んでいた(読み途中)ところ以降の話が抜群に良かった。初めて宮部作品で涙してしまったくらいだ。読み終えてすぐ、私は母に語りたかった。なんか映画を一緒に見た人と帰りがけに共感し合う、そういう雰囲気を味わいたかったのに、母はまだ読み終えていない。残念・・・。本は二人が同時に読み終わるなんて事できないからねぇ。彼女が終わったとき、感想を聞こう。私はそのときすでに冷めてしまっているかもしれないが、それでも共感し合いたい、と思う一冊だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
親子で本の感想を言い合うなんてしたことないなぁ。
冷めないうちに話せるといいね♪
SON
2005/11/15 18:21
本日ようやく語り合う事ができました。感動したそう。良かった良かった。(^_^)

2005/11/15 20:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書の秋 米騒動記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる